大腸内視鏡検査のメリットと病気の種類について

検査を受けることでわかる病気

大腸がんとポリープ

大腸がんは50歳前後から発症する人が多いので、40歳を過ぎたらなるべく名古屋の病院で大腸内視鏡検査を受けるようにしましょう。大腸がんだけでなくどんな病気でも同じですが、早期発見ができれば重症化する前に止められます。

炎症性腸疾患

この病気は別名クローン病と言われており、炎症から腫瘍ができる病気なのです。現代の医学でもハッキリした原因はわかっていませんが、効果的薬や治療法も増えているので病院で対処可能です。

潰瘍性大腸炎

炎症から潰瘍ができる特徴がある病気で最近発症する人が多くなっています。炎症性腸疾患と同じように発症する詳しい原因はわかっていませんが、大腸内視鏡検査を受けることで発症しているか確認でき、治療も可能です。

虚血性腸炎

大腸の血流が悪くなることによって炎症が起きることを虚血性腸炎といいます、突然腹部の痛みや出血が起きたときはこの腸炎の疑いがあるので、早めに病院で内視鏡検査を受けるべきです。

その他

大腸内視鏡検査では様々な病気にかかっているか判断できますが、ウイルスや細菌、寄生虫による病気まで調べることができます。また血流の異常や放射線による影響で炎症が起きているのかどうかも精密に調べることが可能です。

大腸内視鏡検査でわかる病気

X線検査ではわからないこともわかる

大腸内視鏡検査ではX線検査でハッキリしない部分もしっかり判定できるので、異常な状態を区別することが可能です。X線検査でハッキリしない部分とは、空気の泡や便の残りなどが挙げられます。

便潜血検査だけで判断しない

便潜血検査でも大腸に異常があるか判断可能ですが、すぐに病気なのかどうかは判断できません。しかし大腸内視鏡検査ならカメラを使って大腸内を見ることができるので、すぐに病気かどうか判断できるのです。

生体を採取する

大腸内視鏡検査なら生体の一部を採取することができます。採取した生体を分析することで様々な情報が得らるので病気に関することをより具体的に判断できるようになります。

治療もできる

内視鏡検査に使われている器具にはポリープなどを切除できるものもあるため、ただ検査をするだけでなく、治療もできるメリットがあります。

検査に関する重要なこと

医者と看護師

初めて検査を受ける方へ

初めて大腸内視鏡検査を受けるのであれば、心配なことがたくさんありますよね?そこでまずは検査の受け方を確認しておきましょう。そうすれば安心して検査に臨めますよ。

READ MORE
カウンセリング

検査が必要な症状とは

大腸内視鏡検査は様々な病気を確認できますが、いつどんな時に受けるべきか判断が難しいと思います。そこで、すぐに検査を受けるべき症状がどのようなものなのか、いくつかピックアップしたので確認してみましょう。

READ MORE
医者

準備しておくこと

大腸内視鏡検査を受けたいのであれば、検査の方法によって数日前から準備しておくことがあります。検査の方法にもよりますが、基本的にどんな準備をするべきなのかここで学んでおくと良いでしょう。

READ MORE
患者

検査の流れを知る

大腸内視鏡検査を受ける場合、どのような流れで検査をするのか知っておくと心の準備ができるので落ち着いて検査に臨むことができるでしょう。また気になることは検査を受ける前に医師に確認しておくこともできます。

READ MORE
診察室

検査によって確認できる病気

大腸内視鏡検査では様々な病気にかかっているか確認することができます。では具体的にどんな病気にかかっているのか病気の名称と特徴を解説するので、確認してみましょう。

READ MORE
広告募集中