名古屋の病院内で受けられる大腸内視鏡検査の種類

意外とあっさり終わる検査

大腸内視鏡検査は準備さえしっかりしておけば、わずかな時間であっさり終わってしまう検査なのです。実際にどのような流れで検査が行われているのか順番よく説明します。

検査を受ける前の準備

モビプレップ法

この方法は検査を受けるその日に洗浄薬であるモビプレップを飲みます。自宅で洗浄薬を飲んでおく必要はありませんが、当日の注意点としては朝食を必ず抜いておくことです。そうすることによって大腸を洗浄しやすい状態にできるのです。

ビジクリア法

洗浄薬を飲むことが大変な人に最適な方法で、代わりに錠剤を服用します。検査の前日は下剤を10ミリ服用し、当日は数分おきに錠剤を服用する必要があります。最後に浣腸をしてから検査を行う方法です。

ブラウン法

洗浄剤を服用する必要はありませんが、浣腸を4回ほど行います。また検査の2日前から錠剤や下剤を服用しておく必要があります。他の検査方法と同じように当日は朝食を摂らないようにしましょう。

検査に関する重要なこと

医者と看護師

初めて検査を受ける方へ

初めて大腸内視鏡検査を受けるのであれば、心配なことがたくさんありますよね?そこでまずは検査の受け方を確認しておきましょう。そうすれば安心して検査に臨めますよ。

READ MORE
カウンセリング

検査が必要な症状とは

大腸内視鏡検査は様々な病気を確認できますが、いつどんな時に受けるべきか判断が難しいと思います。そこで、すぐに検査を受けるべき症状がどのようなものなのか、いくつかピックアップしたので確認してみましょう。

READ MORE
医者

準備しておくこと

大腸内視鏡検査を受けたいのであれば、検査の方法によって数日前から準備しておくことがあります。検査の方法にもよりますが、基本的にどんな準備をするべきなのかここで学んでおくと良いでしょう。

READ MORE
患者

検査の流れを知る

大腸内視鏡検査を受ける場合、どのような流れで検査をするのか知っておくと心の準備ができるので落ち着いて検査に臨むことができるでしょう。また気になることは検査を受ける前に医師に確認しておくこともできます。

READ MORE
診察室

検査によって確認できる病気

大腸内視鏡検査では様々な病気にかかっているか確認することができます。では具体的にどんな病気にかかっているのか病気の名称と特徴を解説するので、確認してみましょう。

READ MORE
広告募集中